鴨川は外房観光の中心

鴨川は、外房の真ん中に位置し、館山市についで人口の多い地域です。鴨川シーワールド仁右衛門島フラワーセンターなどの市内観光施設はもとより、周辺には和田・千倉のお花畑、ローズマリー公園潮騒王国誕生寺や清澄寺などの歴史的遺産も数多くあります。東京から2時間。行き帰りのスポットを数えたらキリがありません。近年は、体験観光の施設も充実してきました。グリーンツーリズムを主体とした農業体験はもとより、ビーチコーミングや陶芸、自然観察会などのイベントも数多く開催されています。その他の観光情報はこちらを参考に!

観光施設 鴨川シーワールド
サイトへジャンプ 迫力満点なシャチ、イルカのショー、愛嬌たっぷりのアシカのショーなど動物パフォーマンスが大人気の水族館。アシカ、アザラシ、セイウチ、トドなどのお食事タイム見学や水族館の裏方を知るミニツアー、シャチと記念写真を撮ったり、イルカにふれたり、海の動物と楽しいふれあいを体験できるツアー(有料)もできます。
観光施設 太海フラワーセンター
サイトへジャンプ うみの星から徒歩約8分。海辺をお散歩すると太海フラワーセンターがあります。
太海フラワー磯釣りセンターは、平成30年12月31日(月曜日)をもって休園しておりますが、令和元年7月20日(土曜日)から、海の釣堀と駐車場を期間限定で営業いたします。
観光施設 道の駅 オーシャンパーク
サイトへジャンプ うみの星から、車で約10分のところにある海浜型観光サービスエリア。中心施設は、扇形ピラミッド3階建ての「物産館」で、階段状部分全面には、滝のように水が流れ落ち、建物全体がパークのモニュメントとなっています。
館内には、魚介類、ふるさと産品、工芸品などの地場お土産品売店や、地魚料理を中心としたグルメレストラン&喫茶などのほか、展望テラスなどがあります。また周囲には、人口磯に遊具を備えた「千年磯」、生産者直売の「青空市場」などが備わり、南房総観光の拠点施設としてご利用いただけます。
公園・史跡 和田 お花畑

うみの星から車で10分。和田浦地区は、房総の花生産発祥の地といわれ、暖かな気候を利用して、12月からキンセンカ・ポピー・菜の花などが咲き乱れ、早春の風物詩としてテレビニュースなどにもしばしば登場します。
周辺には、全国に4箇所しかない捕鯨基地の和田漁港、童謡「浜千鳥」の歌碑、花嫁街道などのスポットもあります。
公園・史跡
鴨川松島 (新日本百景)
外房随一といわれる名勝。大小七つの島々(荒島,弁天島,鵜島,雀島,波涛根島,猪貝島,海獺島)からなる。水平線から昇る朝日をバックにした景色は素晴らしい。磯釣り,磯遊びができる。最近まで海水浴スポットであったが、現在は監視員や海の家などがないためファミリーには不向き。
「新日本百景」の1つにも選ばれている。
公園・史跡 前原海岸 (日本の渚百選)
サイトへジャンプ 鴨川前原海岸は、日本の渚百選に選ばれた風光明媚な海岸です。近年プロムナードが整備され、毎年6月の「ふるさといきいきシーフェスタ」や7月・12月の花火大会。海水浴などでにぎわいます。
この海岸は、第1回のサーフィン全日本選手権が開催された日本のサーフィン発祥の地でもあります。現在もサーフィンを中心に各種マリンスポーツのフィールドとして多くの人が訪れます。
公園・史跡

サイトへジャンプ

鴨川を一望できる展望台。嶺岡山系東端の景勝地(海抜約110メートル)であり,展望台頂上には郷土出身の彫刻家・長谷川昂氏作のシンボル女神像「暁風」がある。
「誓いの丘」として、永遠の愛を誓う恋人が、ふたりの名前を刻んだ「誓いの鍵」をフェンスに掛けることにより、ふたりの絆が深く結ばれるという。夜はライトアップされてロマンチックだが、途中10分ほどの道は暗いので注意。
一戦場スポーツ公園にも隣接している。
公園・史跡 仁右衛門島
サイトへジャンプ 頼朝伝説の島へは、手漕ぎの舟などで渡ることができます。
千葉県指定の名勝で新日本百景の地としても選ばれていて、島には松尾芭蕉など著名歌人の歌碑や句碑がたくさんあり、きれいな海、豊富な植物と散策にはもってこいの場所です。